Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

PDFへの書き込みもできるiAnnotatePDF

iPadPDFを見るのに最高のデバイスです。
PDF
化した書物がものすごく快適に参照できます。

しかし、本では可能である、
気になった点にチェックをしたり、付箋をつけたり、メモを書いたりするのは
ハードルが高かったりします。
※PDF
参照ソフトとして、GoodReader for iPad を使用しています。

それはそれで不便だな、うまく紙の書籍とPDFを使い分けるしかないかな、と思っていたのですが、
PDF
に書き込みができる iPad App を発見しましたのでご紹介します。


■iAnnotate PDF (ver. 1.1)
購入金額:1200円

<良い点>
・「手書きでの記述」「コメントをキーボードで入力」「蛍光ペン」といった追記が可能。
・追記した内容の位置を手軽に動かすことができる。
・追記したPDFは、保存して、iTunes経由でPCに戻すことが可能。
 → 資格試験のテキストなどをPDFにして、直接書き込んで勉強する、、、なども可!
・GoodReader for iPad との連携も可能。
 Opne In... という機能を使用すれば、GoodReader にあるPDFファイルを開くことも可能。
 (GoodReaderを起動して、対象のファイルを選択、Open In... で iAnnotatePDFを選択。
 GoodReader側での作業です。)
 →iAnnotatePDFからGoodReaderにもOpen In... ができますが、
  書き込んだ内容はGoodReaderでは見れない、、、気がします。
  今のところ、方法不明です。
・ツールバーの配置を変更できる。より使いやすい環境セットアップが可能。

<イマイチな点>
・まだ追記のI/Fが悪い。例えば、手書きをした際のUNDOができないなど。
・手書き中は、ページ移動ができない。(手書きとして記入されてしまう。当然ですが、、、)
・ツールバーのカスタマイズができるのだが、
 カスタマイズしないと違う色で手書きできないなど、セットアップが面倒。
・たまにクラッシュすることがある。
 (特殊なデータ(リンク情報?)が入っているPDFが原因?)
・英語ソフトのため、メニューなどは人によってはとっつきにくいかも。
 ただし、日本語表示(日本語ファイル名もOK)は問題ありません。

<コメント>
iPadが出たばかりのAppとしては、かなり優良だと思います。
手書きもそこそこ使いやすく、
本格的に手書きを使用するのであれば、iPadで使用できるペンが欲しくなるかもしれません。
しばらく使いこんでみようと思います。



履歴:
2010/05/23 新規作成

Blog Navi:
<-
未来をイメージしよう!?:電子書籍の衝撃(2010/05/22) | BlogTop | PDF化の必需品!切れ味抜群の裁断機(2010/05/29) ->

Menu:
 
Macと書籍と考えと(blog)
  >
アーカイブ:2013
  >
アーカイブ:2012
  >
アーカイブ:2011
  >
アーカイブ:2010
  >
アーカイブ:2009
 
Books Selection
 
Digital Collection
 
Favorite Apps
 
メルマガ(バックナンバー)
 
メルマガ読者限定!プレゼント企画

<↓スポンサーリンク↓>

<↑スポンサーリンク↑>