Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

MacBookPro(15) with Retina Display VS MacBookAir(13)

2週間ほど MacBookPro with Retina Display を使用しましたので、
その使用感と、今まで使っていた MacBookAir(13インチ) との違いをまとめてみます。


右:MacBookPro(15) with Retina Display (Retina, Mid 2012)
 CPU: 2.3GHz Intel Core i7(Turbo Boost 3.3GHz)
 Memory:8GB 1600Mhz DDR3
 Glaphics:NVIDIA GeForce GT 650M 1024MB
 SSD:256GB

左:MacBookAir(13) (Late 2010)
 CPU: 2.13GHz Intel Core 2 Duo
 Memory:4GB 1067Mhz DDR3
 Glaphics:NVIDIA GeForce 320M 256MB
 SSD:256GB


■MacBookPro with Retina Display の使用感!
 今=MacBookPro with Retina Display
 前=MacBookAir
 という観点で記載しています。

<筐体 全体的に>
 ・どちらも完成度の高い筐体であることは間違いないです。すべすべしたくなりますね。
 ・MacBookPro with Retina Display は厚さがフラット。
  MacBookAirは、手前がグンと薄くなります。
  個人的には、どちらでもあまり気にならないですね。。。
  実は、MacBookAirの一番厚い部分は、MacBookProよりも少し厚かったりします。
  

 ・キーボードのサイドにスピーカーがついていますが、小さな穴が無数にあいています。
  使い込んでいくと、ココに小さなホコリが詰まって見栄え悪くなっていきそう。。。
  


<画面>
 ・何はともあれ、Retina Display は圧倒的にキレイ!
  さらに、反射が軽減されているのはかなり大きい。
  あの反射が嫌で、MacBookAirには速攻でアンチグレアシートを貼ったのですが、
  今回は何も貼らずに使おうと思っています。
 ・Retina最適では解像度がもったいなく感じたので、1920×1200に変更して使用しています。
  この細かさでもしっかりと文字が見えるのは凄い!
  Retinaを見ている時よりも、Airを見た時に、Airの荒さを顕著に感じてしまいます。
  (目ってキレイなものにすぐに慣れてしまうんですね。。。)
  なお、Change Resolution というAppを利用すれば、2880×1800に変更することもできます。
  さすがにここまでやると文字が小さすぎますが ^^;; (でも、文字は潰れずに読めます。)
 ・今までシルバーフレームだった部分が、真っ黒に。
  表示できるところとできない部分の境目がよく分からず、
  もっと下まで表示できるのではないか!と、しばらく慣れませんでした。
 ・画面下に「MacBook xx」と書いたロゴがないので、スッキリしました。

<キーボード、トラックパッド>
 ・今回、初めてバックライトのついたキーボードを手にしました。
  あまり必要な機会はないですが、あると暗闇で光ってカッコイイですね。
 ・配列は特に変わっていないので、違和感なしに利用しています。
 ・トラックパッドも、サイズも感触も同じ。できることも同じ。

<コネクタ類>
 ・ThunderBolt がついたり、USB3.0 になったりとかなりの進化を遂げましたが、
  今のところ特に利用用途がないのでコメントなしです。
  使うのは、SDカードだけ。
 ・MagSafeの形が変わったのは、ちょっといただけないかな。
  アダプタを2個ともセッティングしておかないといけないので。

<電力周り>
 ・電池の持ちは、今までと特に変わった感じはしません。
  そんなに持ち運ぶことはないので、電力不足に悩むこともありませんし。
  カフェにいって多少使うくらいのレベルであれば、まったく問題ないといえます。(Airも、ですけど。)
 ・夏場になってきたからなのか、膝に置いて使えるものではないですね。
  熱いです。(むしろ、放熱性能がいいと言えるのでしょうか。)
  ただ、Airが熱くならなかったかというと、、、そうでもないですね。
  体感的にはAirよりもProの方が熱い気がします。表面積が大きいからかな?

<パフォーマンス>
 ・よくなっているのは当たり前なので比べるのはナンセンスですが、
  VMware上のWindowsXPにて、某ゲーム機のエミュレータ(xx2)が60フレーム(通常速度)で普通に動いたのにはビックリしました。
  仮想化の上で、さらにエミュレータをやりますか、という感じですが。
 ・音質は明らかに向上していますね。
  iTunes母艦マシン以外にはあまり曲を入れていなかったのですが、Retinaにも少し取り込むようになりました。

<総評>
 ・使えば使うほど快適さが身に染みるマシンですね。Proの名前は伊達じゃない。
  MountainLionにバージョンアップすると、さらに快適になることを期待!です。


※Apple Onlineでは未だに3〜4週待ち(2012/7/1現在)ですが、Amazonだとすぐに買えることあります。
 




履歴:
2012/07/01
新規作成

Recommend!:
 
MacBook 3種の使い分け(個人的主観)(2013/07/07)
 
Windows8 on MountainLion (VMware Fusion5)(2012/10/26)
 
MacBookPro with Retina Display セットアップ!(2012/06/18)

Blog Navi:
<-
客観的に自分を見つめよう:考えない練習(2012/06/30) | BlogTop | あの人の見えている範囲は?:すべてが見えてくる飛躍の法則(2012/07/02) ->

Menu:
 
Macと書籍と考えと(blog)
  >
アーカイブ:2013
  >
アーカイブ:2012
  >
アーカイブ:2011
  >
アーカイブ:2010
  >
アーカイブ:2009
 
Books Selection
 
Digital Collection
 
Favorite Apps
 
メルマガ(バックナンバー)
 
メルマガ読者限定!プレゼント企画

<↓スポンサーリンク↓>

<↑スポンサーリンク↑>