Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

やっぱりこれ!アンチグレアシート

20130220-01
 今やRetinaディスプレイでないと満足できない人になっているのですが、実は、あのテカテカした画面が苦手です。
 昔の液晶画面はテカテカしていなくてGoodだったのですが、最近のディスプレイ/タッチパネルはほとんどテカテカですね。照明や顔が映るので、なんだか気になりますし、目が痛くなります。
 そんな時は、あのシートの出番ですね。


■アンチグレアシート!
 そう、アンチグレアシートです。
 正直、画質は若干犠牲になります。少しにじんだ感じになる、と言うのでしょうか。ただ、個人的にはそれを補うくらいのメリットがあると思っています。
 使用しているアンチグレアシートは、反射はほとんどしませんし、テカテカさもなくなります。目に優しい感じですね。また、シートを貼ることで指紋もベタつかず、汚れもさっととることができます。iPhoneは、電話をした後の画面の汚れが結構気になりますが、汚れにくくなりますし、そもそもささっと拭き取ることができます。

 ということで、先日購入したiPad miniにさっそくアンチグレアを装着しました。お気に入りのメーカであるパワーサポートから発売されていたので、そちらを購入。
 20130223-01

 気がつけば、使用しているタブレットなどはほとんどアンチグレアをつけていました。最初から意気込んでアンチグレアを買うことはあまりないのですが、、、結果的に。
 iPhone5、iPad3 Retina、iPad mini、MacBookPro Retina(15インチ)、MacBookAir(13インチ)、GALAXY Note。。。

 写真だと分かりづらいかもしれませんが、照明の反射がかなり押さえられています。
 
20130223-03


■シートの賢い貼り方
 ご参考までに、シートの賢い貼り方を記しておきます。
 オススメのパワーサポートのシートは、そもそもそれができるような作りになっているものもありますが、対応していない製品を貼る時の参考になればと。

 最初、シートの裏面にはシートが貼られているかと思います。この捨てる方のシートを、ハサミを使って、中央部分をある程度切ってはがしてしまいます。
 20130223-02
 見にくいですが、シートの中央部分が裂けるようになっています。

 次に、そのはがした部分を、画面に貼ってしまいます。中央部分を先に貼ることで、画面全体に貼る位置を微調整することがたやすくなります。
 後ははがしてしまえばよいのですが、ほこりが入ることが多いと思います。その時は、セロテープでほこりを取り除きながら少しずつ貼っていくと、うまくいきやすいですよ。

 つまるところ、ポイントは「先に中央部分を貼って全体の位置を決めてしまう」「ほこりはセロテープで取り除きながら貼る」の二点になるかと思います。
 ピタリと貼れずに悩まれている方は、是非お試しあれ。

 




履歴:
2013/02/23 新規作成

Recommend!:
 
お風呂でiPad!iPhoneがあれば、iPadもあるさ。(2013/03/20)
 
iPhone5 ドット欠け 対応完了!(2012/10/01)
 
MacBookPro with Retina Display セットアップ!(2012/06/18)

Blog Navi:
<-
やっぱり購入してしまった、iPad mini(2013/02/16) | BlogTop | セキュリティ強化!!あれこれそれ(2013/03/03) ->

Menu:
 
Macと書籍と考えと(blog)
  >
アーカイブ:2013
  >
アーカイブ:2012
  >
アーカイブ:2011
  >
アーカイブ:2010
  >
アーカイブ:2009
 
Books Selection
 
Digital Collection
 
Favorite Apps
 
メルマガ(バックナンバー)
 
メルマガ読者限定!プレゼント企画

<↓スポンサーリンク↓>

<↑スポンサーリンク↑>