Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

【書籍】勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」:これはゲームの本ではない!

20130427-01
 さっそくの、Kindle物色編(→
iBooksに続き、Kindleも利用開始!)。プロゲーマーという存在はうっすらと知っていましたが、バイネームで知っている人はおらず、プロゲーマーというのはどういう人なのか、また、どういうことが書かれているのか興味が出たので手に取ってみました。Kindleなので「手に取る」という表現が正しいのかよく分かりませんが(^^;;


■本データ
 勝ち続ける意志力 / Kindle版
 梅原大吾 著
 


■書評データ ※説明は
下部
 読書レベル:【速読】/ 精読 / 再読
 メモした部位数:18箇所
 Books Selection:対象外


■読書して感じたこと
 「ゲーム」のプロであるが、ゲームについてのお話はあまりなく、自分自身についてかなり深く考えた点について述べられています。もの凄く悩み、考えられていることが手に取るように分かります。
 非常にストイックな方で、また、自分を偽れない方なのだと感じました。ここまで極限にはなれないかもしれませんが、こだわるべきポイントが参考になるかもしれません。


■どのような方にオススメか
 いわゆる「成功」した人物が、どのように悩み、どのように考え、どのように行動していったのか、を知りたい方。精神的な事に関する内容も多く、生きていくための哲学を得たい方も参考になるかもしれません。
 「ゲームだから・・・」と思って読まないというのは、損ですよ。


■補足

 読書レベル:
  どのようなスタイルでが読んだかを示す。
  速読:基本的にはななめ読み。気になった箇所はしっかりと読むスタイル。
  精読:しっかりと噛み締めながら読むスタイル。筆者が真に言いたいことを考えてながら読む。古より受け継がれている良書は、このスタイルで読むのがよいことが多い。
  再読:時間がたち、以前の自分とは異なる自分となった時に、もう一度読むというスタイル。再読に値する良書という証でもある。違う気づきがあることが多い。
 メモした部位数:
  Evernoteに貯め込んでいる、心に響いた文章やフレーズに記載した数。
  他の本で既出のものなどは改めて書かないので、先に読んだ書籍が有利か。
  基本的には、この部位数が多いほど、自分にとって目から鱗だった本ということ。
 Books Selection:
  優良書籍集(
Books Selection)に登録したかどうか。

 ※当サイトにおける書籍の紹介は「本の要約」ではなく、「そういう本があるんだー」「これを読めば何かのヒントになりそう!」「面白そうだなー」というような、その書籍を読むキッカケ作りを目指しています。
 ※個人的主観に基づく紹介であるため、著者の意図とは全く違うことを書いている可能性があります。また、記載したような知識が得られる保証もありません。自己責任で読み進めていただくようお願いします。
 ※優良書籍を集めた「
Books Selection」もご参考ください。また、当ブログのカテゴリ「書籍と」もご参考ください。なお、「Books Selection」と「書籍と」では、紹介している書籍が異なります。




履歴:
2013/04/27 新規作成

Recommend!:
 
iBooksに続き、Kindleも利用開始!(2013/04/26)
 
SONY Readerストア 初利用!使いづらい。。。(2012/12/09)
 
超速!書籍「自炊」完全マニュアル (約5年のノウハウ)(2012/11/10)

Blog Navi:
<-
iBooksに続き、Kindleも利用開始!(2013/04/26) | BlogTop | スタイリッシュアルミバンパー!その2(iPhone5 ストラップホール付き)(2013/04/28) ->

Menu:
 
Macと書籍と考えと(blog)
  >
アーカイブ:2013
  >
アーカイブ:2012
  >
アーカイブ:2011
  >
アーカイブ:2010
  >
アーカイブ:2009
 
Books Selection
 
Digital Collection
 
Favorite Apps
 
メルマガ(バックナンバー)
 
メルマガ読者限定!プレゼント企画


<↓スポンサーリンク↓>

<↑スポンサーリンク↑>