Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

メモ帳アプリ あれこれそれ(使い分け!)

20140105-01
 1人複数台端末が当たり前のこのご時世。単なるメモ帳とはいえ、色々な機能が求められます。
 しかし、自分の要件を完璧に満たすアプリは現状存在せず、一長一短といったところです。
 そこで、自分の使い方のご紹介です。ご参考になればと思います。


■「メモ」に対する要件
 究極は、下記の要件が満たせればよいのですが・・・全てを満たすのは難しいですね。

 ・気軽にメモを書けること。動作が重いのは書くのが億劫になるのでNG。
 ・書いたメモをいつでもどこでもサクっと見れること。
 ・探したメモがすぐに見つけられる仕組みがあること。
 ・iOS、Android、Mac、Windowsといった、マルチプラットフォームで稼働すること。
 ・書いた内容の同期が容易であること。

 ・画像の保存は、あまり必要としていません。
 ・リッチテキスト(色をつけたり、フォントサイズをかえたり、マークアップしたり)もあまり必要としていません。


■Apple純正「メモ帳」
iOS、Macに最初からインストールされているアプリのことです。

<特徴(良い点)>
 ・純正だけあって、iOSとMacとの同期はすばらしい。どちらを利用しても、直近のメモをサクサク書けます。
 ・オフライン状態であっても問題なし。重くなることなく、使えます。(もちろん同期はされませんが。)

<特徴(悪い点)>
 ・シンプルであるため、メモの並び替えやタグ付けといった整理機能は皆無です。
 ・フォルダ的なものも作ることができないため、大量のメモを格納するのは、管理上無理です。
 ・バックアップ機能が脆弱に感じます。間違えて消したらオシマイです。
 ・基本的にはAppleの世界に閉じているため、AndroidやWindowsでは同じレベル感での使用はできません。

<自分の使い方>
 ・ブログやメルマガの下書きや、すぐに不要となるメモ(本当の覚え書きレベル)として利用しています。
 ・ブログやメルマガは正式にアップしたらメモ帳からは削除。なるべくメモがない状態になるように心がけています。残しておきたいメモは、Evernoteへ。
 ・リッチテキストが使えますが、個人的には不要。逆に、Webページなどを貼り付ける時にスタイルがコピーされないようにペーストするなど、若干意識する必要あり。


■一番メジャーな持ち歩く記憶庫「Evernote」
http://evernote.com/intl/jp/

<特徴(良い点)>
 ・オンラインのメモといえば、Evernote。テキストだけでなく、PDFや画像もアップできます。
 ・メジャーなだけに、使える色々な対応アプリがあります。さっと起動してさっと記入できる「FastEver」といったアプリは自分も利用しています。
 ・ある程度はやり直しができたり、PDFも文字認識して検索できるようになったりと、機能が多彩です。
 ・自分以外のアカウントともメモを共有できるため、うまく使えばかなり便利。

<特徴(悪い点)>
 ・本家クライアントアプリが非常に重い。特に、iOS端末でメモを編集しようという気になりません。
 ・動作が重いため、iOS端末でメモを参照する気にもなかなかなりません。
 ・オフラインにも弱いです。同期しにいこうとして重かったり、オフラインでも見れるように「お気に入り」扱いにしたりしても、全体的に処理が重く感じます。
 ・検索が優れているとのウリですが、個人的には文字検索が使い物になりません。遅い、あるはずなのにヒットしない、と、検索としての役割を果たせていません。使い方が悪いのでしょうか・・・?(普通に文字列を入力しているだけなのですが。。)

<自分の使い方>
 ・テキストの格納庫として利用しています。さっと取り出せなくても、残しておきたいと思った情報や、書籍の良かった内容のメモ集など。いわゆる、自分辞書として使えるようなデータベースとして利用しています。
 ・iOSからアクセスすることはなく、ほとんどデスクトップ機のクライアントアプリから利用しています。クライアントアプリは、マシンにパワーがあるためか、比較的快適に利用できます。


■参照系に強い!「MomoNote」
https://www.momonote.com

<特徴(良い点)>
 ・実は、コイツを紹介したかったのです。^^;;;
 ・Apple純正「メモ帳」に近いイメージです。かなりシンプルな作りです。
 ・基本的に、リッチテキストは使えません。メモするのみ!!(写真を貼り付けたりはできます。)
 ・「タグ」を使うことができます。これを利用して整理する感じですね。
 ・クラウドベースで同期することができます。
 ・オフラインでの参照には強いです。サクサク内容が確認できます。

<特徴(悪い点)>
 ・マイナーなサービス(失礼!)であるため、いつ停止されるか分からないのがちょっと不安です。
 ・iOSアプリはサクサク動いて使いやすいのですが、デスクトップ向けのアプリがないのが残念。ブラウザベースでの利用となります。

<自分の使い方>
 ・Evernoteに格納はしているけれど、より参照頻度が高いメモについては、こちらのアプリにコピペしています。(若干、手間で不毛ですが・・・)
 ・オフラインでの参照に強い(一番、このメモに求めていた要件)ため、ナレッジ系の自分メモなどはこちらに格納しています。
 ・メモを編集することは基本「ない」です。Apple純正「メモ帳」を利用していますね。(MomoNoteが使いづらいというわけではなく、今までの「慣れ」でApple純正「メモ帳」を使っている気がします。)


■番外編!自宅のNAS

<特徴>
 ・メモ帳というより、何でも入る格納庫ですね。
 ・インターネットを介さないため、「流出」を気にせずに何でもバンバン格納できます。
 ・容量もTB級!!

<自分の使い方>
 ・PDF、画像、その他なんでも、、、持ち運びたいものは、簡単に同期できるようなディレクトリ体系で格納しています。
  そして、iOSではアプリ「GoodReader」。Macではアプリ「Sync!Sync!Sync!」を利用して、ワンタッチで同期できるようにしています。
  こうすることで、端末の用途に合わせたデータを持ち運びできますし、容量の差異も、同期対象を取捨選択することで調整できます。

 ・自動同期はしていません。
  NASをマスタとしているため、NASデータを作業ミスやバグ等で壊してしまわないようにするためです。
  NAS→各端末への一方通行同期が基本です。(つまり、端末側では参照Onlyが基本。)
  ※NAS自体のバックアップももちろんしていますヨ。(→
転ばぬ先の杖!パックアップは大丈夫?(いつかは転ぶよ!))


■番外編!Dropbox
https://www.dropbox.com

<特徴>
 ・こちらも、メモ帳というよりは何でも入る格納庫ですね。
 ・インターネット上にあるため、複数台でのデータ同期がどこでもできるのが便利です。

<自分の使い方>
 ・無意識でも同期しておいてほしいデータを格納しています。例えば、当ブログを作っているアプリRapidWeaver(→
当サイトのつくりかた(RapidWeaver5))のデータファイルとか。
 ・iPhoneで撮った写真をMacにコピーしたいといったデータの受け渡しにも使用しています。


というように、「メモ」というだけでも、いろいろなサービス、アプリを使い分けています。
やはり、一長一短、いろいろな特徴がありますので、うまく使い分けていくことが大事かなと思います。
(機能をリッチにすれば、やっぱり重くなるのは避けられませんしね。。)

ふと思えば、紙にメモすることってほとんどなくなりました。。。




履歴:
2014/01/05 新規作成

Recommend!:
 
メールマガジンはじめます!!(ドキドキ)(2013/05/02)
 
My読書フロー(参考になれば)(2011/08/20)
 
Evernote 一極集中!(2010/11/13)

Blog Navi:
20140104-00
<- iPad mini Retina をしばらく使用して(2014/01/04)

20140107-00
-> iPad mini Retinaを純正防御!(2014/01/07)

00000000-01
BlogTop

Search:「Macと書籍と考えと」内検索


Menu:
 
Macと書籍と考えと(blog)
  >
アーカイブ:2013
  >
アーカイブ:2012
  >
アーカイブ:2011
  >
アーカイブ:2010
  >
アーカイブ:2009
 
Books Selection
 
Digital Collection
 
Favorite Apps
 
メルマガ(バックナンバー)
 
メルマガ読者限定!プレゼント企画


<↓スポンサーリンク↓>

<↑スポンサーリンク↑>