Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

Evernoteからの脱却!ナレッジの移行先は・・・

20161230-01
 Evernoteをお使いの方はご存じの通り、「改悪」とネット上で話題になったように、無料での利用に相当な制限がかかりました。(2016/7〜)
 昔から使い続けているとは言え、ヘビーユーザーではなかったので自分は無料会員でしたが、色々とデータを溜め込んではいたので、今後、どのようにしようかを相当悩みました。
 その整理と、自分の使い方を鑑みた時の結論についてまとめます。


■Evernoteの改悪、そもそも何だったのか。

 有料会員にならないと使えない機能が増えたり、そもそもの料金の値上げだったり、と色々とありましたが、何より一番ダメージが大きかったのは「無料会員が利用できる端末数は2台まで」という点になります。
 自分は相当数の端末にEvernoteをインストールして使っているため、2台と言われるとまったく使えないモノとなってしまいます。
 メインのiPhone、iPhoneではノート編集が最低レベル(の使い勝手)なのでそれを補うためのWindowsマシン。
 で、オシマイです。
 え?iPadで参照できないの?Macで見ることも無理?iPadも複数枚あるけど・・・といったところです。(ブラウザ経由で参照はできる、という話はありますが。)


■そもそも、自分のEvernoteの使い方は・・・

 あらためて、自分はEvernoteで何がしたかったのか、何をしていたのかを整理しました。

1. 色々なノウハウを全てEvernoteに集約しておく
→書籍を読んだメモや、フと思い浮かんだアイディアなどを書き留めておく場所。何度も見返して、体に染みつけたいデータ集。


2. 保存しておきたい情報(Web)をスクラップしておく
→ふつうに、スクラップの意。EvernoteのWebクリップは結構使い勝手がよかったのですよね。


3. メモなどの食い散らかし系の格納庫
→見返すことはほぼないのですが・・・ 


 なお、タグ機能を有効活用はしておらず、ノートブック+ノート名のネーミング工夫でノート管理はしておりました。
 (タグも便利なのですが、統一感を持って付与し続けることが(実運用的に)できなかったのです。。面倒すぎ。)

 Evernoteである必要性が、実はあまりなかったかも・・・



■自分の使い方における、Evernoteへの不満。

・とにかく、入力がしづらい。
フォントなどのスタイルが不要に適用されてウザイ。重い。


・参照の使い勝手も心地よくない。
改善を夢見てEvernoteを使い続けていましたが、使いづらいため、なかなか参照するのに手が伸びない(アプリ起動に至らない)というのが現状。
(結果的に、メモは溜まるけど見直すことがかなり少ないという状況に。)




■結果、脱Evernoteとしました。(完全脱却はできていませんが。)

 全てのデータを移行するのは大変なので、とりあえず以下で整理。

1. 色々なノウハウを全てEvernoteに集約しておく
→重要な部分のテキストは赤字とかにしていましたが、そこはもう諦めました。
ただ、画像を若干使うことがあった(書籍の図表とかを貼り付けたりすることがある)ので、ただのプレーンテキストだとちょっと要件を満たせない。
あとの要件としては、色々な端末で気軽に編集できる、参照できる、です。
→プレーンテキストであっても、Markdown方式で記述すれば画像も表示できることを発見。(Markdownが何かはググってください。)
そのため、下記とすることで解決。
Dropboxを格納庫とすることで、どの端末でも同期可能 + Markdown形式が利用できるテキストエディタ

iOS端末では、「1Writer」というアプリが気に入っています。
表示フォントやフォントサイズも設定変更できるので、自分好みにできます。
もちろん、動作も軽快。


2. 保存しておきたい情報(Web)をスクラップしておく
→とりあえずそのまま。色々な端末から直接Webスクラップができなくなってしまいましたが。
ただ、iPhoneだとSafari→Dropboxに保存、でPDF保存できるので、それでいこうかなと思いつつあります。


3. メモなどの食い散らかし系の格納庫
→必須かというとそうではないので、Evernoteに入っていたものはとりあえずそのまま放置。
今後のメモは、上記1と同じくDropboxに格納することにしました。
本気で検索したい場合でも、所詮はただのテキストファイルなので、何かツールを使えばよいかなと。。(OS標準でもいけるかな。)




■あとがき

 そもそも、営利企業としてEvernoteも活動しているわけですので、しっかりと利益を出すためにお金をとるのはよいと思うのですよね。
 Evernoteのコンセプトも好きですし。
 ただ、正直なところ、お金をとるレベルに基本的な部分が至っていない。それが、脱Evernoteを決めた決定的な点です。

 下記さえしっかりと実装されていれば、間違いなく有料会員になりましたね。
 ようするに、使い勝手をしっかりとしてくれ、というところです。

・ノートの記入、編集が軽いこと。
←ココが、致命的。UIは使いづらいは、少し文字を入力するにも重いわ、変なスタイルが勝手に付与されて振り回されるわで、何がしたいのか分からないレベル。


・検索がウリのはずが、イマイチ。
←正直、検索機能イマイチです。ヒットしない。


・ノートのソートが不自由。
【App】コイツでEvernoteがツカエルように!!Clever でも記載しましたが、ノート名の逆アルファベット順表示がiOS Appではできない。本当に不可思議。参照は検索でまかなえと?いやいや・・・


・ノートの参照も、心地よくない。
←フリックで次々にノートをめくって内容を確認する、みたいなニーズはあると思うのですが、できない。貯めたノート、どうやって心地よく見返すの?




履歴:
2016/12/30 新規作成

Logs:
 
【書籍】超・箇条書き:つまり、いかに相手を考えられるかだ(2016/12/29)
 
【書籍】はじめての社内起業:ただ独立を目指すだけが道じゃない(2016/12/25)
 
MacBook(12インチ) Early 2016を購入♪(2016/12/25)
 
相当久々の更新!!ついでにRapidWeaver7化(2016/12/25)
 
iPhone落とした!ガラスフィルムが身代わりに!!(2014/12/21)
 
BlogTop

Search:「Macと書籍と考えと」内検索


Menu:
 
Macと書籍と考えと(blog)
  >
アーカイブ:2017
  >
アーカイブ:2016
  >
アーカイブ:2014
  >
アーカイブ:2013
  >
アーカイブ:2012
  >
アーカイブ:2011
  >
アーカイブ:2010
  >
アーカイブ:2009


<↓スポンサーリンク↓>

<↑スポンサーリンク↑>