Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

【体験談】ATMでカードが吸い込まれた


 普通にATMで出金しようとしてオペレーションをしたところ、ATMがだんまりになり、ATM画面に「横にある電話で電話してね」のメッセージが。
 噂に聞く()ATMのカード吸い込み事件に遭遇しましたので、その体験談です。

■ 体験談


<事象発生>
1. ATMで出金しようとカード・通帳を入れる。
2.
暗証番号、出金額を入力して待っていると、いつもより反応が悪そうな気配が漂う。
3. ATM
画面に「横にある電話で電話してね」のメッセージが出る。メッセージは正しくないです。


<電話応対>
1. 電話をかけると、事象を教えてくださいとのこと。オペレーション内容をお伝えする。
2.
事象説明後、本人・ATM端末を特定するためか、「ATM画面に暗証番号入力画面が出るので入力してください」とのこと。リモートでATMが操作されており、ちょっと新鮮な感じ。
3.
本人確認ができたため、リモート操作でカードを抽出してみます、とのこと。
 →しかし、残念ながらカードも通帳も出てこず。。。
4.
人が行って対応するしかない、とのことしたが、無人店舗でしたので50分くらいかかるとのこと。「時間大丈夫か?」と聞かれたので大丈夫と回答。(急いでいる時だったらマズかったな、、、)
5.
名前と携帯番号を聞かれ、お伝え。
6.
引換証を発行するのでそれを持ってきて欲しい、とのこと。「引換証?」と思いましたが、ATM明細の紙にその旨が印字された形で出てきました。(なるほど。。)
7. 50
分後、再びATMに来てみるとセコムの方が待っており、その人からカード・通帳を受け取る。書類にサインして、対応完了。

ちなみに、出金時に入力した暗証番号は間違えてました。笑 電話応対中に入力した暗証番号も間違えた暗証番号。オペレータの方に「暗証番号間違えてそうですけど心当たりありますか?」と言われちゃいました。(^^;;; 間違えて入力した暗証番号でも、その番号と電話応対中に入力する暗証番号が一致しているかをを確認しているのですね。(正しい暗証番号との一致ではなく。) それか、実は暗証番号をチェックしていない。笑


<その後>
1. ATMでカード・通帳を使ってみるも、通帳がエラーとなり「窓口にお越し下さい」状態に。。(ヲイ。。。)
2.
窓口で、通帳に復活の呪文をかけてもらい(磁気を復活させた模様)、無事に使えるようになった。


■ 考察


 ・オペレータの方は、終始恐縮モードでした。仕事とは言え、大変だなぁと。きっと、もの凄く怒った人とかからかかってくるんだろうな。。

 ・オペレーションの手順は相当作り込まれている感がありました。人を手配できる時間がどれくらいとか、こちらの急ぎ具合を確認しながら判断するとか。それなりのスキルが求めらられるなぁ、、、と感じました。

 ・電話でオペレーションとか名前とか携帯番号とか話したけど、他のATMを使っている人もいるので、結構まる聞こえでした。これって、セキュリティホールになるよなぁ、、、と言っても言わないと先に進まないし。。。(ATMを置いて電話をかけさせて、個人情報を抜く、か?)

 ・「引換券」のようなものを発券する必要性があるのであれば、レシートレスのATMを作るのは難しいか・・・?代替手段として、何かしらの暗証番号を使えばいいか・・・?(でも、紙も出なかったらどうしたのだろう。。。)

 ・こういった故障対応のことも考慮すると、ATMって巨大装置ですよね。維持管理費用ってすさまじいなぁ、、、とあらためて感じました。

 ・本当に急いでいる時に吸い込み事象にハマると、かなり厳しいですね。。

■ 履歴


2018/08/17
新規作成
2018/08/18
本文を微修正

■ 他の記事


>> Next
 ・Audibleの改悪劇!一旦解約。
 ・MacApplePay、、、イイネ!
 ・Adobe Creative Cloud フォトプランって、お安く買えなくなったのか・・・!?
 ・iPhoneXからiPhone8 Plusに旧戻し!次はどうする?
 ・MacBookProTouch Barは、、、どこまで使えないのか!?
<< Back
 ・MacBookPro2018 15インチモデルにリプレース!!
 ・またやってもーた!!ガラスフィルム破損
 ・これが「廃インクの吸収パッドが限界に達しました」ですかっ!?
 ・やっぱり文字入力は4インチiPhone!+BunkerRing
 ・【書籍】「幸せ」について知っておきたい5つのこと:本人の考え方、そして人とのつながり。

Top 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009
Mac 書籍と 考えと iPhone 障害対応と