Macと書籍と考えと Mac, Book, Thinking and more,,,

iPhone XS Maxへの移行!!大きいことはいいことだ(移行手順付き)


 「iPhoneXからiPhone8 Plusに旧戻し!次はどうする?」でiPhone XからiPhone8 Plusに旧戻ししたわけですが、2018年モデルではXシリーズにも大きなサイズが加わりましたので、そちらに変更です!!
 ほぼPlusの横幅をキープしていますので、これは大丈夫ではないかとの判断です。(サイズ以外の不満点は残りそうですが。)
 電子書籍は横幅の大きさが大事なのです。

■ ネーミングについて


 まあ、どうでもいいといえばどうでもよいのですが、「Max」って、、、という話題がちまたでは出てますね。個人的にはPlusでもMaxでもダサいので、どちらでもよいですが。
 本体裏面には「iPhone」としか記載がないので、問題なしです。
 

 iPhone8などの場合、カメラがデュアルかどうかといった違いがあったので、Plusにはむしろ「Pro」と付ければいいのに、と思っていましたが。
 iPhone XR iPhone XS
 iPhone XS iPhone XS Pro 5.8
 iPhone XS Max iPhone XS Pro 6.5
 でよかったのではないでしょうか?

 ちなみに、、、iPhone XSと「Sは大文字」が正しい認識なのですが、
 iTunesの画面 OK
 

 iPhone XS Maxの外箱の裏のラベル ん・・・?
 


■ 選んだモデル


 せっかくの新色、ですので、iPhone XS Max 256GB ゴールドを選択しました。キャリアである必要性は皆無なので、Apple Store OnlineSIMフリーモデルを選択です。
 今回は在庫が潤沢にあった?注文が少なかった?からなのか、比較的スムーズに購入できました。

AppleStoreアプリで、事前に購入するモデルや容量を選び、(カートには入れられないものの)お気に入りに登録
・もちろん決済用のクレジットカードを登録しておく


 2018/09/14 16:01から予約開始、とありましたので、
16:00からAppleStoreアプリを起動
ジラされる

アプリを終了する(閉じるのではなく、アプリの終了。)
繰り返し
接続できたら、アカウントにログイン
お気に入り
カートに入れる
決済

 ですね。16:03くらいまでは接続できなかったのですが、16:04には予約完了できました。
 Apple Watch416:06に予約完了。iPhone XS Maxの方が競争が激しいと判断し、別々の注文としてさっさと発注することに注力。

 なお、iPhone XS Maxは発売日に到着。Apple Watch4は、バンドのモデルの関係から、(たぶん)そもそも発売日に届くわけではなさそうで、少し先の予定になりました。(過去もそうでした。)

■ 移行あれこれそれ


 移行が、結構面倒なんですよね。
 iPhone8 Plus iPhone XS Maxへの移行は大きく以下の対応があり。
iPhone本体のデータ等の移行
iPhone8 Plusに紐付く、Apple Watch(2)の移行
iPhone8 PlusApple Watch(2)にそれぞれ格納しているSuicaの移行
iPhone8 PlusSuicaに登録している、モバイルEX-IC(東海道新幹線をピッと乗るやつ)の移行
iPhone8 Plusの端末に紐付いてしまっているアプリ(銀行系のアプリが多い)の移行


 ほとんどのデータはもはやクラウドベースでの管理なのでほとんど対応不要なのでSIM差し替えだけでOK!となるはずですが、周辺器機や端末特定系のモノが増え、色々と手間がかかるようになってます。。

 以下、移行時のメモです。旧端末=iPhone8 Plus 新端末=iPhone XS Max で記載しています。

<旧端末での作業>
 1.iTunes(母艦)でのフルバックアップ取得
  全データを移行するために、暗号化バックアップとすること。

 2.Suica削除(Apple WatchSuicaは不要)
  公式サポートページ
  Suicaアプリではなく、AppleWalletアプリを使う、というところがミソ。
  「カードを削除」という日本語、何度やってもドキっとしますね。。(いつでも復元できます、とその後表示はされるのですが。)

 3. LINEの移行設定
  サポートページ
  「アカウントを引き継ぐ」設定をすればOK



<新端末での作業>
 1. iTunes(母艦)バックアップから復元
  新端末にSIMを差し替え、設定を何もすることなくiTunes(母艦)iPhoneを接続し、復元を実行。

 2. Apple Watchの移行
  新端末となった状態で普通に何もしていないApple Watchを装着していると、Apple Watchが「新しい端末に移行するかい?」と聞いてきます。「はい」とするだけでOKです。(多少、処理時間かかります。510分くらい?)
  Apple Watch2台使っているので、1台ずつ、手首につけかえて実施です。
  旧端末をiTunesバックアップした際に、Apple Watchのデータも一緒にバックアップされているみたいですね。そのデータを新端末で復元しているので、Apple Watchのデータにも問題なく紐付けができるのでしょうか。
 昔はApple Watchの移行は旧端末で削除新端末で復元という超手間・超時間がかかる(Apple Watchの復元は1時間超コース)手順だったのですが、随分楽になったものです。削除しない手順となるので、Apple WatchSuicaの削除→復元対応も不要となりました。

 3. Suicaの復元
  AppleWalletアプリでSuicaを追加しようとすると、旧端末で消したSuica(もちろん残高あり)が表示されるので、それを選択。
  旧端末と新端末が同じAppleIDでログインしている必要があります。

 4. モバイルEX-ICの復元(必要かどうか不明)
  公式サポートページ
  Suicaの識別IDとモバイルEX-ICの番号を紐付ける必要があるのです。iPhoneSuicaは移行(削除→復元)するとSuicaの識別IDが変わってしまうため再紐付けが必要、という話なのですが・・・
  ・公式サポートページの手順にある「7 機種変更登録画面で「機種変更登録」をタップ」というメニューが見当たらない
  ・移行後のSuicaの識別IDを見ると、削除前(旧端末)と変わっていない。EX-IC側に登録しているSuicaの識別IDの内容も合ってる
  ということで、もしかしらたらこの手順、不要なのかもです。(1年前は実施した記憶あり。というより、ハマってコールセンターと会話した記憶あり。)
  次回、新幹線乗るときにちょっとドキドキしながら使う感じですね。。

 5. (Google)Authenticator の再設定
  Googleアカウントの二段階認証に必要なアプリです。解説ページ
  PCGoogleアカウントに入り、スマートフォンの変更設定をする形ですね。

 6. LINEの認証
  LINEを起動すると認証が求められるので、画面に従って設定。iTunesバックアップから復元しているので、トークなどの情報は全て残ったままっぽいです。
  LINE Pay(LINE CashLINE Money)の移行も上記手順で完了していました。(まあ、アカウントに紐付いているので、その挙動になるでしょうけど。)

 7. 銀行系アプリの再設定
  詳細は割愛。基本的には再設定するだけですね。ただ、電話(相手は自動応答ですが)したりしないといけなく、所有数も多いので超時間かかります・・・

 8. Bluetooth系の再設定
  これはもう致し方ないか。。


 通常使う分はほぼ移行完了、のはずです。iPhone X系への不満がまた出てきそうな気はしますが、まずは楽しんで使ってみたいと思います。



■ 履歴


2018/09/21
新規作成

■ 他の記事


>> Next
 ・【技術メモ】Raspberry Pi [02]電子ペーパー+Netatmoで温湿CO2計パネルを作成
 ・【技術メモ】Raspberry Pi [01]土台環境構築編〜
 ・脱!コントロールセンター!!「ショートカットApp」がツカエル
 ・macOS Mojave(10.14)にバージョンアップ!ざっと稼働確認
<< Back
 ・Xperia Ear Duo(XEA20)がフリーズ?
 ・回転するバンカーリング?ダメだこりゃ・・・
 ・【体験談】MacBookPro2012を売却!ちょっと残念な結果に、、、
 ・USB-Cでディスプレイが映らないぞ?オルタネートモード???
 ・これはヤバい!!42.5インチ4Kディスプレイ(LG 43UD79T)

Top 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009
Mac 書籍と 考えと iPhone 障害対応と